文殊ラボは稼げるの?その理由とメリットを分析調査

 

モリンキー
転売道爆進中のモリンキーだよ(^^♪

 

とにかく資金を抑えて稼げる副業があれば

そんなことを考えた事は無いかな?

 

僕も月々の掛かる経費経費は悩ましいので

そういう副業があったらなと思うよ。

 

ただ普通はまず無理な事だと思うよね。

 

僕もそんな事が可能なのと言えば

ブログを使った副業くらいしか

思いつかないんだ。

 

けどブログはただ文章を書いても

決して稼ぐ事が出来る副業ではないんだよね。

 

そこで今回はブログで

モノを売る為の仕組みが構築できる

文殊ラボという副業について

取り上げていくよ。

 

文殊ラボは仮面ブロガーズが

より新しいサービスや機能を追加して

リニューアルされて

名前を変更したようだね。

 

そこでこの文殊ラボが

本当に稼げるのか

その理由やメリットについて

分析調査していくよ。

 

興味がありましたら

最後までお付き合いください。

 

文殊ラボはこちら

 

販売業者 ネオナビ
運営責任者 我有洋哉
所在地 北海道札幌市西区宮の沢3条5-22-5 クリーンリバー宮の沢ヒルズ306
電話番号 080-6078-7788
メール info@monju-lab.com

 

※現在応援価格という事で

正規金額から値引き提供中なので、

ブログを1から学んで稼ぎたいなら

今がチャンスだよ。

 

文殊ラボの概要

 

 

まず最初に文殊ラボの概要について

解説していくよ。

 

文殊ラボがどういったカリキュラムの

オンライン学習コミュニティなのか

纏めたよ。

 

文殊ラボ概要
①現役プロによる個別記事添削(週1回)
②WEBメディア立ち上げ&運営サポート(無制限)
③モクモク作業会(月1回)
④公開記事添削セミナー(月1回)
⑤ライティングセミナー(月1回)
⑥オンラインセミナー(月1回)

 

以上が文殊ラボのカリキュラム概要と

なっているんだ。

 

また前身の仮面ブロガーズの

特徴であった「顔出し不要」

「特化型ブログ」

「仕入れ費が無く低コスト」

しっかり継承しているようだね。

 

特に本業の会社が副業を禁止している

場合があるので仮にバレたくないと

思っている人には顔出し不要なのは

良いと言えるよね。

 

またブログの立ち上げは

「ワードプレス」と呼ばれる

サイトの作成やブログの作成などができる

CMS(コンテンツ管理システム)の

有料ブログを使用して

記事を書いていくようだね。

 

ブログに立ち上げに関しては

運営が(無制限で)サポート

してくれるみたいなので安心だね。

 

文殊ラボで追加された4つのサポート

 

次に「仮面ブロガーズ」から

「文殊ラボ」に変わった事で

追加された新しいサポートについて

解説していくね。

 

もくもく作業会(月1回)

 

 

まず最初にもくもく作業会に

ついて解説していくね。

 

文殊ラボで月1回で参加者で

黙々とブログ記事を作成や

更新作業する集まりのようだね。

 

ブログの運営が続かない人は

特にモチベーションが

維持できなくてやめてしまう

ケースが多いんだ。

 

そのため文殊ラボでは初心者から

すでに大きな成果を上げている

先輩ブロガーも一緒に作業する機会を

設けて共に頑張って作業が

出来る環境を作っているんだね。

 

公開記事添削セミナー(月1回)

 

 

次に解説する公開記事添削セミナーは

添削依頼があった記事を公開して

その記事の添削の様子を視聴することが

出来るセミナーのようだね。

 

自分以外の人が書いた記事の

添削される様子がわかるんだ。

 

そのため「なぜこう書き換えるのか」

「なぜこういう言い回しにするのか」といった

「なぜ?」を知ることが出来るんだ。

 

特に個別の記事添削とは

また違った視点から学びを

深めることが出来る様だね。

 

ライティングリアルセミナー(月1回)

 

 

ライティングセミナーは記事制作、

ライティングに関する作業を

各回テーマを決めてリアルタイムor

収録で配信する講座のようだね。

 

またネタ探しから記事の書き方まで、

実際に収益化できている

プロの記事制作工程を

のぞき見することができるんだ。

 

そのため実際にどのような手順や

工程で作業を進めているのか

特にコツや順序や要領などを

そのまま吸収して身に付けることが

出来る様になっているようだね。

 

オンラインセミナー(月1回)

 

 

オンラインセミナーについては、

リアルタイムでトレンドや

最新情報を配信していくようだね。

 

つまり有益な情報を全体で

シェアすることで常に知識を

アップデートしながら実践を

継続することが可能になっているんだね。

 

また戦略や戦術面の話も

具体的にしていく方針で、

特にコンテンツに対する理解を

より深める場としても

活用することが可能みたいだ。

 

文殊ラボの価格

 

 

次に紹介するのは

文殊ラボの価格についてだね。

 

販売価格は248,000円(税込み)になるんだ。

 

前身の「仮面ブロガーズ」よりも

値段は上がっているね。

 

ただカリキュラムが据え置きではなくて

その分新たなサポートが増えているので

当然かなと感じるね。

 

支払いに関してはクレジットの

分割払いでもOKになっているよ。

 

一括払いとして考えると高額な

印象があって高いとかんじるよね。

 

ただ24回払いにした場合は

月々の支払いが約1万円程になって

1日400円弱で学ぶことが

出来る計算になるんだ。

 

また学ぶことが出来るカリキュラムや

マニュアルの閲覧も1年間あって、

その間テキストや動画が見放題なので、

必要経費として考えても

決して高くない金額だと思うよ。

 

始める最初の段階は収益がないので、

心理的にきつく感じるかもしれないけど、

まったくの素人が成果を上げて稼げる為の

十分な内容になっていると感じたよ。

 

そのうえ他の副業と違って

教材の価格以外はほとんど

費用が掛からない事も魅力と

言えるんじゃないかな。

 

文殊ラボ(仮面ブロガーズ)の口コミやレビュー

 

次に文殊ラボ(仮面ブロガーズ)に関する

口コミやレビューについて調べたので

紹介していくよ。

 

良い口コミ

 

 

 

悪い口コミ

 

 

今度は悪い口コミの紹介だよ。

 

 

文殊ラボの5つのメリット

 

今度は文殊ラボを受講する

メリットについて5つ解説していくよ。

 

誰にもバレない

 

 

まず文殊ラボのメリットとして

最初に上げるのは

誰にもバレない事だよね。

 

顔や名前は出さなくても良くので

会社や家族にもバレずに

取り組むことが出来るんだ。

 

架空のキャラを作って記事を

書くことが出来るので、

リアルの自分とは違う人物として

取り組めるのでその分

精神的な負担を少なく進められるので

取り組みやすいと感じたよ。

 

初期コストがほぼない

 

 

次に取り上げられるのは

初期費用としてのコストが

ほとんどない事なんだ。

 

ブログを始めるにあたり

必要になるコストはサーバーと

ドメイン代の維持費くらいなんだよ。

 

しかも大体合わせて月々2,000円位しか

かからないんだ。

 

そのためコストの負担が

ほとんどないんだよ。

 

また副業に興味があっても

二の足を踏んでいる人に中には

月々のコストが原因の人もいるので、

そういった人たちなら特に安心して

取り組むことが出来ると思うんだよ。

 

特化型ブログ

 

 

次に紹介するメリットは

特化型ブログである事だよ。

 

文殊ラボはブログを作成するにあたり

テーマを特化させた

特化型ブログを推奨しているんだ。

 

なぜならテーマを絞って

特化させることで沢山のアクセス数を

集めなくても高反応・高収益を

得ることが可能なんだよ。

 

ブログが資産になる

 

 

ブログはブログ記事を積み上げていく

資産型の副業なんだ。

 

例えば労働型の副業として物販があるけど、

物販は物を売らなければ

収益を得られないんだ。

 

それに比べてブログは記事を見た人が

対象になるので、

そのためブログを積み上げ

蓄積していくほど

利益を得られる可能性が上がるんだ。

 

極論だけど十分に積みあがったブログは

何もしていなくても収益を得ていく事も

可能なんだ。

 

真似するだけ

 

 

最後に紹介するメリットは

真似をするだけということ。

 

なぜなら文殊ラボでは、

初心者でもノウハウをしっかりと

理解しまたサクサクと躓くことなく

進めていけるように

「コピー⇒アレンジ⇒オリジナル」という

カリキュラム工程を大切にしているんだ。

 

さらに進行形で成果が出る形の

ブログを見本にしながら進めていけるので、

無駄にイメージや想像力を膨らませずに、

すんなり理解して“そのままやってみる”

ということができるんだ。

 

文殊ラボの気になった点

 

次に文殊ラボのLPを読んで

気になった点があったんで

それらについて解説していくよ。

 

サポート期間が半年間

 

 

まず最初に気になった点として

サポート期間が半年間しかない事なんだ。

 

文殊ラボは基本的に3日で

1記事を推奨していて

1月で10記事をペースにしていく

流れなんだよ。

 

最初の半月が準備期間と仮定して

半年までに約55記事程書くことが

出来る計算になるよね。

 

ただ実際は本業の都合だったり、

体調や記事を作成できるペースだったりで

十分な量の記事が作れないまま

半年間を過ぎてしまう可能性が

あるのではないかと思ったんだ。

 

結果が直ぐに出ない

 

 

文殊ラボのブログは

蓄積型のブログになるので、

積み上げが十分にならない間は

成果は出ないんだ。

 

そのため結果が出てくるのが

どうしても遅くなるんだよ。

 

また個人差があるので

一概には言えないけど、

早い人なら3ヵ月くらいから

結果が出るみたいだね。

 

そしてブログを辞めてしまう人は

特にこの無成果状態での

モチベーションの維持できなくて

挫折するケースが多いんだよ。

 

そのためすぐに成果が欲しい人や

即金性を求めてる人はやらない方が

良いかもしれないね。

 

まとめ

 

 

今回は文殊ラボは稼げるの?

その理由とメリットを分析調査という

テーマの記事でしたが

どうだったでしょうか?

 

文殊ラボはブログ初心者でも

稼ぐ事が出来るように

カリキュラムが作りこまれている教材で

初めての人にも安心して

取り組むことが出来る

おすすめの教材だと思うよ。

 

文殊ラボに興味を持ちましたら

是非チャレンジしてみてくださいね。

 

※現在応援価格という事で248,000円から

50,000円引きの198,000円で提供しているので、

ブログを1から学んで稼ぎたいなら今がチャンスだよ。

 

 

文殊ラボはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。