映画「シャムロックの子供たち」のキャスト相関図とあらすじと結末は?

2月17日の映画「シャムロックの子供たち」が全国で公開されます。

映画「シャムロックの子供たち」は池井戸潤氏の小説『シャイロックの子供たち』が原作となっています。

原作の小説を安く購入したい!

映画と原作の違いを観る前に知りたい

現在視聴する事が出来ませんが、2022年10月でWOWOWドラマで配信されていました。

映画ではWOWOWドラマや原作の小説とは全く別の展開がされる点と独自のキャラクターが登場する完全オリジナルストーリーとしてなっています。

そのためWOWOWドラマを視聴した事がある人や原作を読んだことがある人でも十分に楽しく事が出来る作品となっているようです。

もし仮にWOWOWドラマやをご覧になった事がある人や原作を知っている人なら映画の違い等について楽しむことが出来ると思います。

この映画「シャムロックの子供たち」はどういったお話でストーリーがあるのでしょうか?

あらすじとその結末について、そしてキャストの相関図を纏めていきますのでご覧下さい。

映画「シャムロックの子供たち」のキャスト相関図は?

映画「シャムロックの子供たち」で登場するキャストの相関図は以下のようになっています。

今作で登場するキャストの相関図は以上になります。

映画「シャムロックの子供たち」の主な登場人物について

映画「シャムロック子供たち」の主な登場人物についてご紹介します。

西木雅博/阿部サダヲ

営業課・課長代理。

部下からの信頼が厚い行員で部下たちが感じる些細な違和感にもしっかりと気付くなど洞察力が鋭い一面を持っている。

100万円紛失事件の犯人を暴こうと動いている。

北川愛理/上戸彩

営業課に所属する西木の部下。

女性行員で現金紛失事件で犯人として疑われる。

田端洋司/玉森裕太

営業として投資信託などを担当している行員。

現金紛失事件に関与する人物として故意・過失を問わず疑われることになった田端は、自社が10億円融資する会社に違和感を持つ銀行員。

西木や愛理とともに真犯人を探す。

映画「シャムロックの子供たち」のあらすじと結末について

映画の公開はされていないので原作版のシャムロックの子供たちのあらすじとネタバレについてご紹介します。

あらすじ

ある町の銀行の支店で起こった、現金紛失事件。

女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪……!?

“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上らない成績……事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。

結末(ネタバレ)

原作の現金100万円を盗んだ犯人は滝野真になります。

原作の西木は滝野真に殺害されています。

細かい内容や何故滝野真が現金100万円を盗んだのかその動機や切っ掛けについては是非原作を読んで読んで欲しいです。

そこから映画「シャムロックの子供たち」と原作の違いについて検証しながら視聴いただけるとより楽しむことが出来ると思います。

まとめ

映画「シャムロックの子供たち」のキャスト相関図とあらすじと結末について纏めていきました。

原作やWOWOWドラマと全く違った完全オリジナルストーリーが展開されると告知しています。

原作の100万円を盗んだ犯人は判明していますが本映画では同じ犯人なのか不明な点と、原作とどんな点が違っているのか映画「シャムロックの子供たち」の公開が楽しみになりますね。

原作の犯人である滝野真が行動に及んだ背景等に知ってから映画を観たいという人はこちらが原作の池井戸潤氏の小説『シャイロックの子供たち』になりますので宜しければご購入してご覧下さい。

殆ど新品同様の綺麗な状態のを購入する!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です