初詣には着物で!おすすめの種類や簡単な着付けの仕方と防寒対策について

新年を迎えたお正月で挨拶まわりなどに着物を着てお出かけしたら素敵だと思いませんか?

洋服とは違う着物独特の華やかさは初詣に行く装いにピッタリです。

しかし着物を着ようと思っても着付けのやり方が分からないと思う人が多いです。

どんな着物を着ればいいのか、着こなし方にルールはあるのか、初詣に適切な着物の種類について良く分からない方も少なくありません。

また寒さの為の防寒対策も必要になります。

そこで今回はお正月の初詣に行くのに適切な着物種類やおすすめの柄について纏めていきます。

着物を簡単に着付けできるやり方や初詣に行く際にオススメな防寒対策についても合わせてご紹介していきますのでご覧ください。

初詣に適切な着物の種類は?

着物と一口に言っても季節によって色々ある事はご存じでしょうか?

例えば素材や仕立て、柄のある位置等によって様々な種類があります。

また着物には「格」という物があり、着物の種類と一緒にそれぞれ適切な用途が存在します。

初詣に切る着物を選ぶ場合で最も大切なのは、真冬の1月に着るのに相応しい着物かどうかという事になります。

10月から5月に着る場合は袷(あわせ)という裏地のついた着物を選ぶ事が基本になりますので、覚えておくと良いと思います。

また6月と9月に着る「単衣」と7月から8月に着る「薄物」といった着物の種類は1月には季節外れの着物なので、初詣で着るのはNGなので注意して下さい。

初詣に行くのにおすすめ出来る着物の種類は?

お正月の初詣に行くのにぴったりの着物を選ぶなら種類や柄色などについて気配りすることは大切です。

次は初詣に行くのにおすすめ出来る着物の種類と選ぶポイントについてご紹介していきます。

色無地(イロムジ)

色々な種類があってどんな感じか確認できますよ!

色無地は白生地に黒以外の色で一色で染まった着物です。

一色で統一されているのでシンプルな見た目であることが特徴で着る人の個性が良く出る着物です。

一見すると寂しい思うかもしれません。

しかし色無地の魅力は、初めて着物を選ぶ方や着物でもゆったりした印象を求めている人におすすめの着物である事や活躍するシーンがとにかく広い事です。

入れる紋の数によってカジュアル・フォーマル両方に対応出来て、フォーマルな場面では葬式やお通夜などに使える事や、カジュアルな場面では普段着やお洒落着としても使う事ができます。

色無地は地紋がないタイプとあるタイプの2種類があります。

地紋がないタイプは礼装用ではなく、カジュアルな着物として扱われます。

素材は種類が縮緬、一越、二越、三越と4種類もあり豊富です。

地紋があるものは礼装用として扱われることが多いです。

そのため目出度い日の慶事用には吉祥文様、慶事、弔いがどちらも使われるのは流水や有色文様が生地として使われます。

付け下げ(ツケサゲ)

様々な柄がありどんな感じか確認できます!

付け下げは、柄付けの特徴として無地場が多くあっさりしているため、色無地と同じように控え目に装いたい時には最適です。

控えめながらも模様が入っているため、訪問着に近しい華やかな印象もあり、訪問着を着用するようなシーンにも対応できて未婚、既婚を問わず着る事が出来ます。

色や柄もバラエティに富んだデザインが揃っていて初詣に着ていく着物としてもオススメです。

付け下げは、洋服感覚で着ることができて、着付ける場面が多く、控えめながらも品格と華がある着物と言えます。

小紋(コモン)

沢山の柄を着物セットでご用意してます!

小紋は着物全体に同一の模様があるのが特徴で簡単に言えば「細かい模様が全体的に入っているオシャレ用の着物」になります。

気軽なおしゃれ着として着られるカジュアルな着物になるので、正式な場ではそぐわないですが、初詣のお出かけ着として着付けるなら何ら問題が無いおすすめの着物です。

色もデザインも多種多様ですが、初詣で着るのならば明るめの暖色系の色合いを使っているおめでたい柄がおすすめになります。

小紋は華やかさのある着物で、お正月の初詣にお出かけするとき以外のちょっとした催し物の時にも使えて便利です。

紬(つむぎ)

柄が違った紬もあります!リンクしているので参考にどうぞ!

紬は普段着からおしゃれ着まで着まわしやすいカジュアルな着物です。

紬にはデザインが様々で無地の物から総柄の物まで幅広くあります。

また紬には大島紬、久米島紬、牛首紬、結城紬など有名な紬があります。

レトロモダンで粋なデザインが多いため、お正月の初詣でおしゃれな装いをしたい人にはおすすめの着物になります。

初詣に行く為の着物の簡単な着付けのやり方

それでは着物の種類についてご紹介していきましたが、次は実際に着物を着る時の簡単な着付けのやり方について解説していきます。

覚えるだけで自分だけではなく娘や姉妹といった家族にも着物を着付ける事が簡単に出来る様になります。

それでは実際に初心者の人でも簡単にお家で着物を着付けする事が出来る様にご紹介していきます。

襦袢を着る

まず最初に着物を着る前に着物用下着の上から襦袢を中に着ていく事になります。

襟元が詰まりすぎず、開きすぎると綺麗にならなかったり、裾が広がりだらしなくなったりします。

綺麗に着るのは慣れないの内は意外と難しく注意しないと着崩れの原因にもなってしまいます。

動画を参照しながら練習するのが一番ですが、練習時間があまりないなら二部式の襦袢がおすすめです。

上下別々に着つけていく事が可能なので初心者でも簡単に出来ます。

着付ける時は襦袢の裾をつま先上がりに少し上げて裾が広がらないよう気を付けながら腰骨辺りで着るのが綺麗に着付けるコツになります。

次に襦袢の上の着方のコツとして襟足にこぶし一つ分位のスペースをとってから襦袢の段階から襟元を綺麗に着付けて衣紋を抜く事が大切になります。

裏技として二部式の襦袢を使って着付けをした場合は上下で分かれているため、着付けをする事が簡単にする事ができます。

おすすめ出来る物として半襟、衣紋抜き付きで、初心者でも綺麗に着付けが出来て洗う事が可能なものがあります。

着付けのハードルを一気に下げてくれる逸品です

着物を着る

襦袢を着付ける事が出来たら、次は着物を着ていきます。

着物を着付けるにはコツがあり、上手く着付けが出来ないと綺麗に着る事が出来ませんので、動画を参考にしてポイントを要所要所押さえて下さい。

要所をきちんと出来れば綺麗に着物を着付ける事が出来ます。

基本的に着物の着付けは裾と衣紋の2点と腰回りにしわを寄せずに綺麗にすれば良いので動画を見ながら挑戦していください。

着物の着付けで使う腰ひもなどは着付ける前にとりやすい位置に準備しておくと着付けが成功しやすくなります。

帯締め

着物を着付けたら最後に帯を締めます。

ここが一番の難所で難しいポイントです。

練習していく事が一番良いのですが、時間が取れない場合の対策として付け帯を使う方法があります。

付け帯の結び方は初心者にも簡単で出来て、帯をベルトの要領で腰回りに巻き付けて紐を下で結び背中にお太鼓の部分を差し込んで、帯枕、帯揚げ、帯締めを結びます。

初詣の着物に合わせるなら名古屋帯の太鼓結びの付け帯がおすすめです。

付け帯を使って着物の着付けをしたいなら下記で紹介していますので参考にして下さい。

下記以外にも様々な付け帯が販売されています。

価格も大変お手頃で、帯を結ぶ自信のない方は是非!

二部式の襦袢や付け帯の着付け方を知りたい方用に動画をご用意しましたので、利用される方は動画をご覧ください。

初詣に着物で行く際の防寒対策

最後は初詣に着物で出掛けた際の防寒対策ついて纏めていきます。

初詣に行く季節は冬でまだまだ寒い季節です。

着物で初詣に行くのは寒いから着物で行くのに防寒対策は重要ですがどういう対策が出来てどうすれば良いのか知らない人もいると思います。 

そこで着物を着た状態で出来る防寒対策についてご紹介します。

肌着

着物を着付ける時は、肌着から長襦袢を着てから着物を着付けて最後に上着を羽織ります。

「肌着」を季節やそのときの気温に合わせて替えることで防寒対策をする事が可能でおすすめはヒートテックです。

あたたかさはもちろんですが、簡単に着る事が出来る点と肌に密着するので着物を着た時に着崩れの心配がありません。

ポイントは着物の襟から見えてしまう可能性があるので襟ぐりの前と後ろが大きいものを選ばないといけない事です。

袖の長さは7分袖位が袖口から見えてしまう心配がなくておすすめです。

そして下半身対策としても同じヒートテックのレギンズを使うと良いですよ。

上着

次にご紹介するのは上着になります。

着物の上から着たりかけることで暖かく防寒対策が出来ます。

また、初詣は人が大変多く混雑が予想されます。

そのため帯の着崩れを覆って隠してくれたり、着物を汚れから守ってくれる汚れ対策としても活用する側面もあります。

羽織

着物をもう一枚着たような装いとして、必ずしも着物とお揃いでなければいけないというものでありませんが防寒として利用できます。

普段着用の着物に合わせるのにおすすめです。

着物コート

洋服用のコートのように厚手で、着物の上に着て使用するので生地も暖かい素材が使用されているので冬の時期に活躍します。

ケープタイプの物もあって、そちらは羽織ると柔らかい印象になるため、カジュアルな装いにしたい時におすすめです。

ショール・ストール

肩からかけて使うショールやストールは洋服に使うだけではなく着物を着付けた時にも使えます。

簡単に羽織ることができるので、防寒性としては着物コートに劣りますが、簡単に脱ぎ着が出来るのがおすすめポイントになります。

手袋

手元も「手袋」をしてしっかりと防寒対策すると良いですね。

手首にファーの付いたものやロングタイプはより暖かくなるのでおすすめです。

足袋と履物

足袋はまず冬用の暖かいタイプの物を使うと良いです。

更に重ね着する事で防寒効果が高まります。

また足袋を履いた後に靴用カイロを仕込んでおくと足が暖かくなるので大変楽になります。

履物は草履カバーがおすすめです。

雨が降ったりした時に草履や足袋を汚れから守ってくれて防寒対策にもなります。

足場が悪いことが予想できている場合は利用してみると良いですね。

着物の防寒対策として上着を選ぶポイント

何を上着をとして着るかの基準としてどのくらいの時間外にいるのかで決めると良いです。

例として、長時間外にいる可能性が高いなら着物用コートを、短時間なら羽織を、挨拶回りなどの予定があって暖房の聞いた場所を行き来するならショールやストールといったように選べば良いと思います。

防寒対策をしっかりしていてもデパートなど暖房が効いた場所だと逆に暑くなってしまい防寒具が手荷物になってしまいますので1日の予定を想定して選ぶと良いですね。

まとめ

今回は初詣には着物で行くならおすすめの種類についてと簡単な着付けの仕方と初詣に行く場合の防寒対策について纏めました。

着物を着ていても、きちんとした着こなしができていなければ勿体ないと思います。

ポイントをおさえてしっかり準備して良い1年が迎えられるように思い出に残るお正月にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です