バレンタインでNGなお菓子って?渡しては駄目なプレゼントは?

バレンタインにはどんなお菓子を渡していますか?

定番としてチョコレートがありますが、カップケーキやクッキーなどバレンタインでプレゼントするお菓子の種類はたくさんあります。

その中でバレンタインでプレゼントしてはいけないNGなお菓子がある事をご存じでしょうか?

バレンタインで渡すお菓子には意味があって、その中には渡しては駄目なプレゼントがあるので注意が必要です。

今回はバレンタインで贈ってはいけないNGなお菓子とその意味について解説します。

バレンタインで贈るお菓子に込められた意味や由来についてもっと知りたいならこの記事がおすすめです。

またシンプルに甘い物が駄目な人に贈るのにオススメするお菓子を5選紹介していきますのでご覧ください。

バレンタインでNGなお菓子と意味について

バレンタインで贈るとNGなお菓子は何かその意味も含めて解説していきます。

好きな人に贈りたいなら注意しないといけません。

マシュマロ

バレンタインで渡してはいけないお菓子とはマシュマロになります。

マシュマロはふんわりとやわらかい食感から「優しさ」を意味するとも言われています。

しかし異なるもう一つ意味があり「あなたの事が嫌い」という意味もあるとされています。

理由としては口に中に入れるとすぐに溶けて消えてしまう事が原因となっているようですね。

インターネットで調べると「優しさ」という意味よりも「嫌い」という単語が散見しているのでプレゼントした場合、嫌いと受け取られてしまう可能性が高いので贈らない方が良いでしょう。

クッキー

クッキーをバレンタインで渡す人は比較的多いのではないかと思います。

いわゆる義理や友達に贈る分には問題ありませんが、恋人は大好きな人に贈る場合は実は辞めた方が良いです。

クッキーをバレンタインで贈った場合に持つ意味は「友達でいよう」になります。

クッキーのサクサクとした食感からくるイメージから来ているのだと思いますが、そのため友達に渡す義理チョコのようなスタンスです。

本命の好きな人に渡すお菓子とするにはやや不適切になるのでプレゼントするには向いていません。

グミ

バレンタインでグミをプレゼントすると「嫌い」という意味になります。

由来については不明ですが、グミは柔らかく口の中で噛み切る事が出来る(関係が壊れてしまう)からだと言われています。

またグミはコンビニなどで安く購入出来る事から気持ちを込める事が難しい事も原因なのかもしれないです。

バレンタインで贈ってはいけないNGプレゼントギフト

バレンタインでお菓子ではなくギフトをプレゼントする人もいるのでNGギフトを紹介します。

ギフトをプレゼントするにもハンカチは贈ってはいけないNGギフトです。

ハンカチはバレンタインで渡してしまうと「別れ」という意味になってしまうのでプレゼントするにはNGと言えるでしょう。

その理由はハンカチを漢字で書くと「手巾」になりますが別読みすると「てぎれ」と読めます。

そのため「手切れ」を連想し関係を絶つ言葉をイメージしてしまうのでバレンタインのプレゼントして相手に贈るのに不適切なギフトになるので注意しましょう。

バレンタインで甘い物が駄目な人向けのお菓子5選

男性の中には甘いものが苦手という人もいます。

年に一度のバレンタインに好きな人にプレゼントしたいという人におすすめするバレンタインで贈るのに使える甘くないお菓子を5選ご紹介します。

プレゼントする好きな相手にメッセージカードと一緒にプレゼントすると良いですね。

ハート形のかわいいおせんべいです


4種類全14個すべて個包装で入っています♪


おかきの上にビターチョコをコートした甘しょっぱいお菓子


3つの味のかわいいおかきです


ピリ辛なかきの種で甘いのが苦手の人へおすすめ


まとめ

バレンタインでNGなお菓子について渡しては駄目なプレゼントに種類とその意味について纏めました。

バレンタインで渡すプレゼントの意味について何も知らないと好きな相手に好意で贈った結果嫌われてしまうなんて事が起こる事もあり得ます。

バレンタインで贈るお菓子の名前に込められた意味や由来は様々です。

ただこの事ばかりを気にしてしまうのも良くない事と言えます。

本来バレンタインは年に一度のハッピーなイベントです。

気にせず楽しみながら好きな相手にプレゼント渡すだけではなく、自分の思いを伝えることが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です